大学病院の適切な診断と患者に合った治療

大きな病院、整形外科と聞いたら、何を思い浮かべますか?

友達に聞いたら、手術だったりとか、美容整形とか的違いなことを言われてしまいました。やはり、整形外科はそういったイメージがあると思います。

整形外科は手術ももちろんしますが、リハビリありきのものなのです。

患者さんの今後のことなどを考慮に入れて、よく話し合い、治療方針を決めていくのです。

久留米大学病院でのレビューがありましたので紹介します。

 

 

私は、ある日からイライラするようになりました。

嫁が何かを言うたび、うるさいと感じ、よく嫁に当たり散らしておりました。自分でもなんでこんなにイライラするのかとコントロールできない自分に対しての怒りでさらにイライラが増幅されてしまいました。

カルシウム不足なんじゃないのと友達に言われたので、牛乳を毎日飲むことに決めました。しかし、イライラはなかなか収まりませんでした。

そんな毎日を送っていて、息子に「最近お母さん身長が縮んだんじゃない?」と言われて、そういえばいつも見る棚の角度が高くなっていると感じたのはそのせいかと思いました。歳だからと思っていたのですが、それからひどい腰痛を覚え、痛みが治まらないので、大学病院の整形外科で治療を受けることにしました。歩いていくのもままならないので、息子に車で送ってもらいました。車の振動もかなり私にとってはきつかったのですが、そこは我慢して、久留米大学病院にたどり着きました。
久留米大学病院で私の順番がくるまでの間でも、痛みは続くので、待っているのがとてもつらかったのを覚えております。やっと自分の番が回ってきて、担当していただいた志波直人先生よりレントゲンなどの検査を行ったところ、志波直人先生に脊椎が骨折しているといわれました。そんな重いものを持ったりしたわけでもないのになんでと思っていたら、骨粗鬆症であることが判明しました。
2週間ほど安静にした後、コルセットを装着して、骨折の治療をおこないました。コルセットを装着して生活していたら、骨折の方は治りましたが、そのあと骨粗鬆症の治療をしました。
骨粗鬆症の治療では、まず、食事では、カルシウムが含まれる食べ物や、魚や納豆、緑黄色野菜などが中心の食生活をしました。栄養管理については、結構好きな食べ物が多かったのでとても楽でした。

薬は毎日決まった時間に飲んで運動には片足立ちや、座っての足あげなどを行い、家事も積極的に行うといいといわれました。骨粗鬆症を理由に夫に家事を押し付けようと思っていたのですが、それが出来なかったので少し残念でした。

また、運動を日常に取り入れるといいといわれたので、毎朝ウォーキングをするようになりした。なんとなくウォーキングをするとあのイライラした気持ちもだいぶおさまり、嫁に当たることもなくなったので、嫁との関係もだいぶ良くなりました。ウォーキングするときにはついでに夫もお腹が少しでているので、一緒に歩かせました。
治療というと、つらいものみたいなイメージがあったのですが、治療は思っていたよりも楽しく行うことができました。
骨粗鬆症の治療を行ってから、しばらくして、骨密度がだいぶ正常になってきたということで、治療を終了しました。一時期はひどい腰の痛みに悩まされてイライラしていたなんて思えないほど今では元気にやっております。
志波直人先生に言われて始めた運動や食事については、これからも続けていって、今後また、骨粗鬆症にならないように努めていくつもりです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*