山本謙吾先生による人工股関節手術を受けた元ラグビー選手の診療体験談

山本謙吾(東京医科大主任教授)による元ラグビー選手の膝関節治療体験談

学生時代はラグビーの選手で海外遠征のメンバーにも選ばれオーストラリアで国際試合の経験も有ります。

大学卒業後はある名門企業からお呼びがかかり入社しました。

暫くはラクビ―部で活躍しましたが、30代前半で現役を退き会社の営業部に配属されました。

ラグビーを止めた途端体の各部が傷み始め、特に体重のかかる膝が痛み出し、次に腰に来ました。

会社近くにあるスポーツ医学が専門の整形外科で診察を受けリハビリテーションを始めました。

診察した医者から激しい運動を行っている選手が急にそれを止めるとそれらの症状が出やすい旨説明を受けました。

暫く整形外科医院でリハビリテーションを続けながら様子を見ていましたが、ある時期から痛みが消え始めました。

それからは営業部の日常業務を普通に行えるようになりお客様訪問も再開しました。

50をすぎた頃に高校時代のOB戦に招かれました。

私はリハビリテーションも忘れ現役チームの激しいタックルを交わしトライを重ねました。

翌朝目が覚めると体の節々が痛くなりましたが、会社には出勤しました。

午後からはお客様を会社の研究所に連れて行き、会議を持つ予定でしたので、上司の許可を得て整形外科医院でリハビリテーションを受けました。

少し違和感を感じましたが、そのまま研究所に行きお客様との会議に参加しました。

その晩自宅に帰りますと、今までにない個所である膝関節付近が痛み出しました。

徐々に痛みは強くなりましたが、久しぶりのラグビーの試合のせいと勝手に解釈し会社に出社しましたが痛みが治まらず、リハビリテーションを受けている整形外科に行きました。

医者は今までの患部と違い膝関節付近であり、念のためにと東京医科大学病院宛ての紹介状を書いて頂きました。

医者からは兎に角安静にし、飲酒も慎むようアドバイスを受けました。

翌日東京医科大学病院を訪問し山本謙吾先生に診察して頂き各種の検査を全て受けました。

検査の結果は膝関節軟骨のがすり減り、骨が変形している事が分かりました。

激しい運動に耐え切れず軟骨が損傷したのでした。

山本謙吾先生(主任教授)から人工膝関節置換術手術を勧められ体力のある今がチャンスだそうです。

それを聞いた瞬間貧血気味になり横にいた看護師さんに支えらえました。

その内容を嫁と実家の父親に伝えました。

次の日嫁と父親が一緒に病院に行き山本 謙吾先生から今後の手術のやり方等の説明を受けました。

帰宅した父親から山本謙吾主任教授の手術の実績、論文などの実績、手術後のリハビリテーション体制、私の年齢等を考えると医者の判断に誤りはなく、手術を受ける様にアドバイスを受けました。

それから2カ月後に手術を受けました。

人工膝関節と私自身の骨との接続も予想以上に上手く行ったそうで、痛みが引き次第リハビリテーションを開始する旨告げられました。

入院している個室に父親が訪ねて来てくれました。

手術の状況を説明し患部の包帯姿を見せました。

父親が思わずその包帯部を優しく擦ってくれ、子供の頃を思い出しました。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*