普通の病院と大学病院の違い

普通の病院と大学病院の違い

毎日を病気を起こすことなく健康に過ごせることが一番よいのですが、しかし体が常に有害物質と戦っているため生活習慣が乱れればそれだけ病気になるリスクというのは常に付きまといます、実際に病気にかかったときに日常生活に支障をきたすまでのレベルになったときには、無理をせずしっかりと病院を受診することが望ましいといえます。

ただ病院を受診するときにおいて、誰しもが疑問になることがあります。

それは一般的な病院で働く町医者を受診すればいいのか、それとも最初から大学病院を受診するべきかということです。

基本的に一般的な病院で働く町医者を受診と最初から大学病院を受診するべきか、この疑問の答えとしてはお互いの違いを考えることで解決します。

町医者と大学病院の違いとしては、どちらも病気を見るという観点では一緒ですがその後の過程に違いがあります。

大学病院というのは大学とついているように、病院であることに間違いは無いのですが同時に高度な知識を学んで後々に生かす学校でもあるのです。

大学病院を受診する場合もちろん受診するのは経験をつんだ先生ではあり、病院と同じく受診した後に病気の原因や対処法を伝えられます。

そして病気の原因や対処法を伝えられた後、自らの病気の状態や経過においての情報が病院内で保持されています。

ここで町医者と大学病院の違いがでます。

町医者であれば、その情報はその病院内だけで保持され外部に漏れることはないです。

どんな病気であろうともプライバシーは守られることが利点であり、ただその病気が町医者では手に負えないレベルの病気であると判断されたときには紹介状を元に病状を記した情報を大学病院に伝えることになります。

大学病院での個人情報の取扱い方法

大学病院を真っ先に受診した場合、先に言ったとおりに個人の病気の情報は保持されます。

ただ先に言ったとおりに大学病院は大学であり学びの場もであるため、どんなレベルの病気であろうともその病気となった経緯や状態は大学の講義として利用されることになります。

つまり高度な医療を受けられる代わりに、自らの病気の情報を拡散させることで研究材料にすることを了承するということになります。

これが町医者と大学病院の違いとなるのですが、町医者にかかるメリットは無いのかというとそうでもないです。

そもそも大学病院は設備が整って高度な医療を受けられる場であることに変わりないですが、その高度な医療が受けられるということはそれだけ人が集まりやすいということになります。

人が集まりやすいということは、それだけ自分が診てもらえる時間が長引くことを意味しその長い時間分だけ体にかかる負担が大きくなることを意味します。

さらに高度な医療をするということはそれだけ維持費や研究費がかかるため、最初から大学病院を受診すると維持費や研究費を工面するためにそれだけ費用がかけることになり個人負担が多くなります。

そこで町医者であれば、その医者は大学病院で知識をつんで独立し、その上で自分で受診して分かるレベルの病気を見れる設備だけをおいています。

そのため町医者にかかるということは規模は小さいので、その分診てくれるスピードは大学病院の比ではなく予約されすればいつでも見てくれるので体にかかる負担と費用が安く済みます。

そして知識をつんで独立しているので、現在の状況を見れば大半の病気の状態がわかるため自分の力と設備では治すことが出来ないと即座に判断できます。

そして判断できれば、学ぶ際に通っていた大学病院もしくは提携している大学病院に病状を書いて紹介状を書いてもらえるので大学病院のデメリットだった自分を診てもらえる時間が長くなるという部分を解消できることになります。

そのため設備煮違いはありますが、最初は町医者を受診して状態が悪ければその後大学病院の紹介状を書いてもらうという方法がよいのです。