骨粗鬆症、その症状と治療法

骨粗鬆症、、、言葉は聞くけどどうんな症状かわからない人もいるでしょう。

病院に行った方のレビューをもとに紹介します。

 

最近テレビで骨粗鬆症という病気を知りました。

情報に疎くて、恥ずかしいのですが、娘にそれを言ったところ、今更誰でも知っているみたいな言われ方をしてしまいました。
そんなテレビを見ていて、私にも思い当たる症状があって、腰の痛みと、最近なんだか腰が曲がって、身長も多少小さくなったような感じがありました。

それに、時々何もないところで躓いてしまったりすることも気になっておりました。

娘にそのことを相談してみると、言われてみたらそうかもしれないみたいな言い方をされました。

腰の痛みは歳のせいだとばかり思っていて、気にしないでいたのですが、気になってしまうといてもたってもいられなくなり、病院に行くことにしました。
骨粗鬆症は大学病院の整形外科で診てもらえば、設備もしっかりしているため良いと言われたので、大学病院の整形外科に娘に連れて行ってもらいました。
先生に相談したところ、気のせいかもしれないという私の話を真剣に聞いてくれて、しっかりと検査をしてくれました。

レントゲンなどの検査をしてもらい、そしたら圧迫骨折を起こしているということを聞かされました。テレビで言っていた症状と一緒だったので、そうかもしれないと思っていたのですが、実際にそう診断されてしまうとショックは大きかったです。
それから大学病院の整形外科で保存療法で圧迫骨折を治し、薬物療法と運動療法で治すことにしました。先生には、食事についても細かく指示していただき、とても分かりやすく説明していただきました。

治療を続けていたら、圧迫骨折も良くなって、腰の曲がりと痛みが解消されました。運動は、普段は主婦として家に引きこもっていたため、買い物をするときに歩くくらいしかしていなかったのですが、骨粗鬆症と診断されてからは、プールで歩いたりするとよいということを聞いたので、積極的に通いました。

娘からは最近顔が明るくなったねと言われて、身体の調子もだいぶよくなりました。たまに便秘なども引き起こしていたのですが、圧迫骨折が治ってからは、便秘も解消されて、毎日が気持ちよく過ごせようになりました。

整形外科の大学病院の先生に骨密度を図ってもらったところ、だいぶ増えて、骨粗鬆症の症状がだいぶ良くなったということでした。あまり自覚症状は感じられなかったのですが、早く治療を行ったおかげか、早く症状が解消されて、日常生活に支障は全くありませんでした。本当によかったです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*